ファスティングダイエットの主なやり方

ファスティングダイエットとはfasting=断食という意味が示すとおり、断食を行いダイエットをするということです。断食というとかつては修行として行われていたことから、非常に辛い思いを味わうイメージを持たれている方が多いです。特に食べる行為そのものが制限されることによって、強いストレスを感じてしまいそうに捉えられがちです。

 

ファスティングダイエットでは1〜3日間程度の短期間となりますので、実際に挑戦してみると決して難しいものではありません。ファスティングダイエットを行う際には食事は一切摂りません。ただし水やお茶などで水分はしっかりと摂取するようにしましょう。一日のうちに2リットルは補給するようにしてください。特にむくみや太もものセルライトが多い方は、水分摂取量が少ないことも多いようです。

 

ファスティングダイエットで置き換えると良い食品など

朝や夕方は新鮮な野菜や果物を絞り、酵素たっぷりのジュースを飲むようにします。固形物による食事を一切摂らないようにすることで、ずっと働き詰めだった内臓を効率良く休ませることができます。これにより、体に溜まりがちな老廃物を体外に排出させやすくなるといわれています。話題の酵素ドリンクを使用した酵素ダイエットもファスティングとほとんど変わらないので、酵素ダイエットを行うことも良いと思います。

 

1〜3日間経過後は、おかゆなどの消化しやすく内臓に負担をかけない食事から摂るようにして、徐々に普段通りの食生活に戻します。「ダイエットを頑張ったから、自分へのご褒美にドカ食いしてしまおう!」と考えるのは絶対にNGです。

 

せっかくの苦労が水の泡と消えるだけでなく、内臓にも大きな負担がかかり健康を害する可能性があります。

ファスティングダイエットは正しい方法で行う

ファスティングダイエットを成功させるためには、正しい方法を実践することが大切です。
自己流で誤った方法を実践すると、ダイエットどころか体の調子が悪くなる可能性もあります。
特に高血圧などの症状や内臓に疾患がある方は自分の判断で行わないようにしてください。
女性の場合は生理中は避けて実践するようにしましょう。

 

また、仕事などがお休みの週末を利用して挑戦すると実践しやすいです。
はじめのうちは1日だけで挑戦してみて、慣れてきたら2日、3日と徐々に期間を伸ばすようにしてみましょう。

ファスティングダイエットの魅力と効果

ファスティングダイエットの魅力としてあげられるのは、健康維持にも役立てることができる点です。
短期間でも断食を行うことによって疲れた内臓を休ませることができます。
近年の日本人は食生活が欧米化したことにより、内臓にかかる負担が激化したと言われています。

 

乳製品や肉類を多く摂取することによって大きな負担がかかってしまい、うまく消化しきれずに体内に老廃物として残ることが多くなるため、健康を害することに繋がると言われています。
定期的に内臓を休ませることによって、本来の働きを取り戻しやすい環境を整えることができるようになります。
疲れた体をリセットさせる効果が期待できることから、海外では医療行為の一環として取り入れられる場合があるそうです。

 

ファスティングダイエットを実践する際のポイントは?

ファスティングダイエットを実践する際には、野菜や果物のジュースを朝と夕方に飲むことが推奨されます。
新鮮な野菜や果物には豊富に酵素が含まれています。
食事の代わりに酵素を取り入れることによって、体内に発生している余分な活性酸素を除去させることも期待できます。

 

活性酸素は本来必要なものですが、過剰に増えすぎることによって正常な細胞をも攻撃してしまうことが問題視されています。
新鮮な酵素を補給することによって、必要のない活性酸素を取り除くことができるので、健康維持やアンチエイジングにも効果が期待できると言われています。

 

デトックス効果も期待できるファスティングダイエット

また、体内の代謝機能を高め、デトックス(毒出し)の効果も期待できます。
余分な老廃物を効率良く排出させることで、若々しい体を保つためにも役立つのです。

 

普通のダイエット法では、効率良く脂肪を燃焼させるのが難しいと言われていますが、ファスティングダイエットの場合は、食事を抜くことによってエネルギー源である体内の糖質が失われてしまうことから、脂肪を燃焼することでエネルギーを消費させようとします。

 

一所懸命運動をしてもなかなか痩せることができないという方がファスティングダイエットに挑戦することで、体重がすんなり落ちやすくなるのは、このような理由があるからです。